結婚披露宴簡略化のすすめ

これから二人の新生活が始まるにあたって、お世話になる人々を集めてお互いに見知りおくという大きな役目のある結婚式と披露宴ですが、最近は入籍だけのカップルや、結婚式だけで結婚披露宴を挙げないカップルが多いといいます。
大きな理由の一つとしてはやはり費用の問題が挙げられます。
豪華ではなく、ほどほどの結婚披露宴でも300万円、ご祝儀で半分以上は戻ってくるとしても100万円以上の負担です。
不景気の最中にたった1日で100万円以上も使える人は少ないと思いますし、結婚後の生活や妊娠・出産とお金はいくらあっても足りません。
理由の二つ目は、上司や友人を招待するのが大変ということです。
プライベートな結婚披露宴に上司や同僚を呼ぶ習慣になっていますが、今はお互いに面倒だと感じる人が増えています。
「結婚式が重なってご祝儀貧乏だよ」「後輩の結婚式面倒だなあ、せっかくの休みなのに」「中学の同級生の結婚式に呼ばれたけど、知り合いいるのかしら」こういった声はよく耳にします。
そのため、時間やご祝儀などの費用の面で、結婚披露宴に出席して欲しいと声をかけにくくなるのです。
そもそも、日本の昔の結婚式はこんなに豪華で上司や部下や過去の友人を沢山呼んだのでしょうか。
袴と文金高島田の夫婦が親族の前で厳かに杯を酌み交わし、親戚でお祝いの食事をしているというイメージがあります。
海外でも先進国では、仲の良い友人や親戚を招待して、チャペルで結婚式をあげた後にホームパーティのようなカジュアルな披露宴があるのみです。
どうも発展途上国のほうが、ことさらに豪華でほとんど関係ないような人まで呼んだ大規模な結婚式を挙げているようにも感じます。
文頭に結婚式は「これからお世話になる人々をお招きする」と書きました。
昔の親戚付き合いや近所付き合いを、現代でも密接にしているでしょうか。
終身雇用が崩壊して現代で、結婚式に出席した上司や部下と一生お付き合いをするでしょうか。
そもそも結婚式と結婚披露宴の費用を親が負担していた時代は終わり、新婚カップル本人が費用を工面しなくてはならない時代です。
結婚式に呼ぶゲストも新婚カップルの仲の良い、本当にこれからも付き合っていくだろう人々をお招きすれば良いでしょう。
親族と数名の友人を招いたリゾ婚は、本人たちとあまり係わり合いのない人を招かなくても良い、そして人数が少ないので費用も少なくて良いというメリットがあります。
新婚カップルが費用を負担せずに、ご祝儀内で費用を賄うスマ婚という方法もあります。
沢山の人を招待したいけれども、費用の負担を減らしたいカップルにはスマ婚のシステムは大きなメリットです。
そのほかにもレストランウエディング、共済ウエディング、10名未満の小さなウエディングと多種多様な結婚披露宴の方法があります。
ホテルで100名近くのゲストを呼んで、豪華に結婚式を挙げなくても消費者である新婚カップルは選択肢が沢山あるのです。
結婚式と披露宴を挙げたカップルは、挙げていないカップルよりも離婚率が低いそうです。
結婚式の準備をしながら夫婦になっていくという人もいます。
安易に結婚式や披露宴を省略するのではなく、無理をせずに、二人のライフスタイルに一番近い結婚披露宴の方法を見つけて良い思い出を胸に新生活をスタートさせましょう。