人生で大きなイベントの一つ

結婚披露宴とは、人生における大きなイベントの一つと言えます。
今回は実際に結婚披露宴を挙げた際に、最も力を注いだものについて、簡単に紹介させていただきます。
結婚披露宴は、結婚したということを招待したゲストの方々に伝えるとともに、結婚に至るまで傍で支えてきてくれたことに対する感謝の気持ちを表すことが重要と考えていました。
その理由は、人は一人の力では生きてはいけず、成長するためには多くの人の支えを受けていくことが必要だからです。
成長して大人になり、社会に出て一人前の人間となり、そして結婚して家庭を築いていくまでには多くの人に迷惑を掛けてきています。
そのため、結婚に至ることができたのは支えてくれた人達のおかげでもあるため、結婚披露宴は結婚する二人が主役なのではなく、披露宴にきてくださったゲストの方々が主役であるという考えを持って行いました。
感謝の気持ちを表し、おもてなしの精神を少しでも感じてもらうことができるようにするために、最も力を注いだことは結婚披露宴のプログラム内容でした。
プログラムの内容によっては、ふざけた雰囲気にもできますし、固い雰囲気にもすることができます。
自分達が楽しむのではなく、ゲストの方々全員が楽しむことができるようにすることが重要と考え、式場との打ち合わせにおいて、プログラムの内容を決めることに多くの時間を費やすようにしました。
また、プログラムの内容とともに、会場の雰囲気やBGMの選曲、料理などについても、ありきたりなものにはせずに、より感謝の気持ちを伝えることができるように仕上げていくことが重要でした。
実際に感謝の気持ちを伝えるために、プログラムの内容を考えた際、多くの方が取り入れている定番とも言える、友人の余興やゲームを行うことは真っ先に止めることにしました。
余興を行ってもらって楽しいのは、友人仲間だけであり、会社の上司や先輩にとっては全く関係のないものであるからです。
また、ゲームも全員に商品を渡すことはできないため、感謝している方全員にプレゼントを行うことができないため、行うことは止めました。
その分全員に楽しんでもらえるように、各卓写真撮影や、新郎新婦も全員で参加できるケーキビュッフェなどを取り入れて、少しでも身近にゲストの方々と触れ合う時間を取り入れるようにしました。
通常の結婚披露宴では、新郎新婦はほとんど座席に座っていて、ゲストの傍で過ごす時間は短いものとなっています。
せっかく来てくれた方々と会話を交わしたりすることが少ないため、直接感謝の気持ちを伝えることができるように、可能な限りゲストの方と触れ合う時間を長く取り入れていきました。
BGMも流行りの曲や思い出の曲ではなく、多くの方が落ち着くことができるような曲を選曲し、料理も基本的なコース料理にオリジナルの品を入れてもらいました。
誕生日の近い方や、久しぶりに会う方、会社の上司や先輩など、関係に合わせてデザートのお皿にそれぞれ二人からのメッセージを入れてもらうようにして、差別を図ることなく全員におもてなしを施していくようにしました。
このようにして、自己満足ではなく、よりゲストの方々が喜んでもらうことができるようにするために、最も力を注いで結婚披露宴を完成させていきました。