一生の思い出となる結婚披露宴

結婚披露宴は、新郎新婦のお二人にとっても、ご両親やご家族、友人などを始め、参列者にとっても一生の思い出となるイベントです。
数年前に私も結婚披露宴を行いましたが、その際の事をご紹介させて頂きます。
披露宴を行うにあたっては、様々な準備がそれよりもかなり前から必要となってきます。
最初は仕事をしながら空いた時間を見つけては主人と二人で打ち合わせに通っていましたが、どちらかと言えば、あまり人と接する事が得意ではない私にとって、打ち合わせはとても緊張する場だと感じていたのですが、回を重ねる毎に、プランナーさんとの信頼関係は築かれていき、披露宴当日には本当に以前から私の友人であったかのような関係にまでなれたのです。
主人もどちらかと言えば人と接する事や、細かい取決めなどが不得意な方だったので、行く前はあまり気乗りしていませんでしたが、通っていく内にプランナーさんとの信頼関係ができてきて、通う事を面倒だとか口にしなくなっていきました。
結婚披露宴は最初にも書きましたが、主役は新郎新婦のお二人ですが、参列者の方々も主役となるという事を頭に入れてから準備を進められる事をお勧めします。
披露宴は皆さん休みの貴重な時間を割いて、数時間の間自分達の為に参列して下さるのですから、自分達だけが満足して終わりではなく、全員が、とても楽しかった、良い披露宴だったと喜んで下さり、心から参列して良かったと思って頂けるような構成にしていく事が重要になってきます。
むしろそちらをメインに考えていった方が考えやすいかと私は実際に準備段階で感じました。
両親を始め、私達家族は皆、食べる事がとても好きで、友人達も食べる事や飲む事がとても好きな人ばかりでしたので、食事メインでの披露宴を考えていきました。
お祝いのスピーチは、上司に負担がかかりますが、その点だけはお願いし、後は自分から出し物をやりたいと申し出てくれた方からのみの余興とし、ひたすら全員に食事を楽しんで頂く構成にしたのです。
食事内容も、皆が気負わず食べられるように和食にしました。
結果、それが全員から評判が良く、もちろんお食事もとてもおいしかったので、とても良い時間を過ごせたと喜んでもらえたので主人共々とても嬉しかったです。
お料理の量も時に多過ぎて残してしまうといった場所もありますが、私達の場合にはカット後のケーキも含めて皆がきちんと食べられる位の量にセーブさせて頂き、その分良い食材を選んで使って頂きました。
皆きれいに完食してくれていたのを見て、ホッとしましたし、参列者も遺さず食べられた事に対して満足されたのではないでしょうか。
両親への手紙や、これまでの二人の思い出などのビデオはやはり家族が喜んでくれる場面なので、そこはしっかりと準備しました。
意外と家族だけでなく、親戚や友人達も泣いていた所を見て、何だか本当にお祝いして頂けているんだという気持ちを改めて感じられてとても嬉しかったです。
是非、これから結婚披露宴を行おうとお考えの方、お二人の気持ちも大切にしながら、参列される方も心からお二人の事を祝福し、楽しめるような構成の結婚披露宴にされて、良い一生の思い出にされる事をお勧めします。