感動した結婚披露宴の演出

今までにいくつか結婚披露宴にご招待頂き、参列してきましたが、そのなかで感動したものをいくつか紹介したいと思います。
1.新郎から新婦へのプレゼント題名だけ見ると、よくありがちと思われるかもしれませんが、これがすごく感動モノでした。
新郎が新婦に手作りのピアスをあげたのですが、2つを重ね合わせると、2人の大好きなキャラクターの模様になるというものです。
新郎が忙しい仕事の合間を縫って、デザインし、作成したとのことでした。
また、その渡し方も素敵で、ムービーを作成し、「プレゼントをあけてみて」とか「2つのピアスを重ねてみて」など、新婦を誘導しながら、上記のタネをあかしていくというものでした。
ムービー上で、ピアス自体や重ね合わせた模様について、写真で紹介してくれたので、写真がでた瞬間、会場から歓声が上がりました。
もちろん、新婦さんはウルウルしていましたし、参列者も素敵な演出に感動していました。
2.父親の余興余興といえば、友人の有志が集まってするもの、というのが一般的ですが、一度だけ、新郎新婦のお父さんが余興をしたことがありました。
手相を見るのが得意なお父さんで、新郎新婦の手をスキャナで取って、説明していく、というものでした。
手相の知識を豊富にお持ちだったので、聞いていてとても楽しかったです。
参列者も自分の手を見て、真剣に聞いていました。
余興のあとは、そのお父さんに手相を見てもらう人が続出していました。
もちろん、私も隙を見て、お父さんのところに走り、手相を見てもらいました。
とても楽しく、思い出に残る余興のひとつとなりました。
3.デザートビュッフェ最近は一般的となりましたが、デザートビュッフェを初めて体験した時は感動しました。
その時は式場のプライベートガーデンを使用してのデザートビュッフェだったのですが、品数の豊富さにビックリしました。
某アイスクリーム屋さんのように、冷たく冷やした石の上で好みのトッピングを混ぜてくれるアイスクリームまで提供されていました。
また、デザートビュッフェの良いところは、新郎新婦と会話をしやすい、というところだと思います。
なかなか高砂へ行きにくい親族の方々も、新郎新婦と一緒に写真を撮ったり、会話を楽しんだりと、素敵な時間を過ごしていました。
4.ケーキサーブこれは、私が実際に行った結婚披露宴でのイベントです。
ウェディングケーキをカートに載せて、参列してくれた皆さんに配りました。
この時に、合わせてフォトサービスを行いました。
自分の結婚式のコンセプトとして、「高砂にはあまりいないで、みんなの所へ行く」という風に決めていましたので、コンセプトにピッタリ当てはまるこのイベントは実施して良かったと思います。
久しぶりに会った親族の方々とも、たくさんお話することが出来ました。
なにより結婚式の間に両親の近くへ行って、雑談が出来たのも嬉しかったです。
(高砂に座っていると、親族や家族と関わる時間は持ちにくいので…)最近は、食事をゆっくり楽しむためにイベントはしない、という方も増えているようですが、参列者の一意見としては、やはり、なにかイベントがあった方が思い出に残ると思います。
これから参列する結婚式でも、何か楽しいイベントがあるといいな、と思います。