写真・ビデオ・結婚報告はがき

写真の焼き増し

式場で撮影した写真、親族写真の焼増しはかなり高額です。。
一例では1枚につき4000円。親戚の数が10組だとすると40000円にもなります。。
しかし、諦めてはいけません。ネガのない写真でも焼き増しができます。これを利用するとプリント一枚600円~、台紙も4000円くらいでつけられます。。
元の写真に台紙がついている場合、台紙はがし代というのを取られますが、これも1枚はがすごとに1000円くらいですから、元から考えるとたいした金額ではありません。単純計算で「台紙はがし代1000円+1600円(焼き増し+台紙)×10組=17000円」と、半額以下にすることも可能です。。
もちろん、ご近所の写真屋でもこのサービスをやっているところはあると思います。。
プリント代や台紙代も写真屋ごとに異なると思うので、もっと安くでお願いできるかもしれないと思ったら相談してみて下さい。。
親族にお配りするものですから、画質には注意して下さい。サンプルなど見せてもらい。納得いくならお願いしましょう。

写真・ビデオはプロに頼む

節約を心がけるとはいえ、ビデオや写真撮影を家族、親戚、友達にお願いすると、頼まれた方は披露宴の間、忙しくなります。。
出席していただく全ての方にのんびりと楽しんでいただきたくためには、ビデオや写真はプロの方にお願いするべきでしょう。。
友達も(自主的に)デジカメでたくさん撮ってくれますが、やはりプロの方に撮っていただいた方がベストショットが期待できます。。
式場で契約されている写真屋(撮影業者)以外にお願いする場合、持ち込み料などをとられるところもあります。しかし、式場でお願いした場合よりも、他の業者にお願いした方が持ち込み料込みでもお得な場合もありますし、持ち込み料の何割かを負担してくれる業者もあります。

報告はがきを送る人は厳選する

製作費や郵送代を含めて、枚数が多くなると費用がかさみます。。
基本、披露宴に来て下さった方には送らなくてもよいでしょう。実物も見ていて、一緒にお写真も撮ってし、住所も知っているわけですし。。
ただし、親戚や主賓にはお礼も兼ねてのご挨拶として送るパターンもあります。。
会社関係の人に送っていたらキリがありません(「うちは社員1桁の零細企業です」? 仕入先、営業先、お得意先の方々も含めたら相当な数になるはずです)。もちろん、ご挨拶の必要な方は別ですが。。
海外に赴任中とかで出席できなかった友達に、報告はがきをスキャンしてメールで送った例もあります(普段から交流がある場合)。

ページのトップへ戻る