余興について

歌やダンス、ドレス(着物)の色(柄)当てクイズ、ビンゴゲームなど様々ですが、余興はゲストの層を考えて選ばないと、「盛り上がるはずが…」となります。特に暴露話や自虐的なジョークなどは、しらけさせてしまう可能性があるのでやめた方が無難です。。
テラスがある会場の場合、テラスで余興を行うこともできます。ダンスをするには会場が狭かったり、スペースが作れない時にも便利ですので、事前に現地を下見して、よく打ち合わせをしておきましょう。

リハーサルは、開場前に行います。特に楽器を使う場合は、リハーサルをしないとうまくいかないケースが目立ちます。より素敵な披露宴にするために、必ずリハーサルを行いましょう。。
リハーサルを行う場合は、事前に新郎新婦と相談し、必ず会場側に伝えておきましょう。楽器を使う場合は、時間が制限される場合がありますので気をつけましょう。。
余興が成功するには、時間の管理が非常に重要になります。時間に関しては、十分に余裕をもってスムーズに行えるようしっかりと打ち合わせをしましょう。くれぐれも慌てないようにして下さい。

シンキングヒニー(ラッキービーンズ)
デザートコースの中に出るケーキ等の中に、当たりのお菓子を入れておき、当たったゲストにプレゼントを渡す余興です。ちょっぴり豪華なプレゼントを用意しておけば、もっと盛り上がります。ゲストが注目するので、新郎新婦が選んだお気に入りのデザートをぜひ食べてもらいもらいたい時にもピッタリの余興となります。ぜひ当たった人と記念写真をとりましょう。。
サプライズとして、シンキングヒニーを行っても盛り上がります。あらかじめ、当てるゲストを決めておき喜ばせます。お世話になった方やプレゼントを渡して喜んでもらいたい方を選んでおきましょう。。
なお、司会者から「中に当たりが入っていることを、ゲストに初めに伝えること」を言い忘れないようにしましょう。これを忘れると「当たりと気付かず食べてしまい、当たりが出てこない」という、笑えない状況になってしまいかねません。結構多い失敗のパターンなので、注意しましょう。
ページのトップへ戻る