スピーチについて

スピーチは新郎新婦双方から、2名ずつ程度、2~3分の持ち時間でお願いしておきましょう。。
スピーチは、あまり堅苦しい話になら無いようにしておくのが良いでしょう。スピーチをする場合、自己紹介、お祝いの言葉、新郎新婦との関係とエピソード、励ましの言葉、といったことを話します。その際は、死や別れ、不幸を連想させるような忌み言葉(切れる、滅びる、割れる、飽きる、離れる、失う、追われる、さめる、散る、倒れる、再度、ますます、重ね重ねなど)を使わないよう、気をつけておきます。。
また、当然ですが、花嫁がお色直しで席を外している時は、席に戻ってから行うようにしましょう。

他の人が同じような話をする場合もあります。友人が多く出席する場合では自分しか知らないエピソードなどがふさわしいですし、少ない場合は本人の人柄を中心に話しても良いでしょう。。
また、あれもこれも話そうとすると、制限時間の3分を超えてしまいますし、最初で話した内容をを忘れてしまい最後の方では何の話か分からなくなってしまいます。限られた時間で印象よく話すには、題材は1つに絞ること(家族も知らない学生時代のエピソードとか)がポイントです。

スピーチの例文

ほんの一例ですが、紹介していきます。。
このまま使わないで、アレンジして自分の言葉で話して下さい

例文1

本日は大変お忙しい中、私達の披露宴に足を運んでいただき、誠にありがとうございます。少しのではありますが、皆様を精一杯おもてなししたいと思います。お食事を初め、余興もご用意しておりますので、お楽しみ下さい。

例文2

結婚披露宴なんて、ずっと先の事だと思っていましたが、本日を迎えるまであっという間でした。私と○○で出来る限り、皆様に楽しんでいただける結婚披露宴にするつもりです。ゆっくりとお楽しみ下さい。

例文3

皆様、本日は平日にも関わらずお越しいただき、誠にありがとうございます。実は、本日○月○日は私の両親の結婚記念日でもあります。今まで面と向かって言えなかったのですが、私達の目標は私と○○のそれぞれの両親です。その為にも、皆様のご協力が必要です。未熟な私達ですが、これからもよろしくお願いします。では、本日の披露宴をお楽しみ下さい。

ページのトップへ戻る