披露宴の演出

定番のお色直しやキャンドルサービスだけではないのが、最近の披露宴です。。
ここで紹介している以外にも、様々な演出方法があります。

ファーストバイト

ファーストバイトとは、新郎新婦がウェディングケーキをお互いに食べさせあうことです。。
新郎は「一生食べるものには困らせない」新婦は「一生美味しい料理を作ります」という意味で食べさせあいます。順番は、新郎から新婦へ、新婦から新郎へとなります。。
ここで、両親にもファーストバイトをやってもらうのです。事前に伝えておいて行っても構いません。ケーキ入刀と同じく、少々恥ずかしさもあるかもしれませんので、サプライズで行ったほうが感動も大きく、心に残るセレモニーになるでしょう。。
また、新郎新婦が感謝の気持ちを込めて、両親に食べさせてあげるのも感動的です。

ドレス色当てクイズ

  1. 中座中に司会者の方にルールの説明をしてもらう
  2. スタッフか友人が箱(選択肢の数)を持って、テーブルを回る
  3. ゲストは、正解だと思う色の投票箱に用紙を入れる
  4. お色直し後、新婦が正解の箱から用紙を1枚引いて、当選者を発表
  5. 当選者に前に出てもらい、商品を渡して一言もらう
  6. 当選者と記念撮影

あらかじめ名前を印刷した投票用紙を事前に用意しておき、該当する色の箱に投票用紙を入れてもらいましょう。。
和式の披露宴なら、着物の柄当てなどにアレンジできます。

ブーケプルズ

リボンを参加する人数分用意して、新婦のブーケに一本だけ結びます。そして、掛け声と共にリボンを一斉に引いてもらいます。ブーケにつながれていたリボンを引いた女性にプレゼントして、それ以外のリボンにはブーケプルズ用チャームをつけておきます。。
受け取った独身女性は「次に花嫁になれ幸せになれる」といわれています。ブーケトスと違い、お花を傷めませんので、綺麗なままプレゼントできます。天候に左右されず、室内でもできるので人気です。。
参加者全員、平等に権利がありますが、人数が多い場合はリボンが絡まってしまったりと、アクシデントが起こりやすいので、事前にしっかりと打ち合わせをしておきましょう。せっかくの美しいセレモニーです、綺麗に仕上げましょう。

ページのトップへ戻る