披露宴での挨拶

開演の挨拶

司会者が開宴の挨拶をします。この時、司会者の自己紹介も軽く行います。落ち着いて、ゆっくりとした態度で挨拶するようにしておくと、親族、招待客も安心して見ていられると思います。。
開演の挨拶には、新郎新婦に対する祝意、参列者への謝辞、司会者としての挨拶と、仲人の紹介は忘れずにしましょう。

仲人の挨拶

仲人の挨拶は、大体5分前後というのが一般的です。あまりに長いのスピーチは嫌われますので、やはりある程度の時間を区切って、出来るだけ簡潔に終わらせた方がよいでしょう。。
スピーチの内容としては、まずは仲人本人の自己紹介、新郎新婦の結婚の報告をして、2人の経歴や出会い、結婚までの過程などを紹介するのが一般的です。仲人挨拶の際は、新郎新婦も起立してスピーチを拝聴しましょう。。
ただし、主賓から「どうぞ。おかけ下さい」等、着席を進められた場合は着席して聞きます。

主賓の挨拶

主賓挨拶とは、新郎新婦が選んだ主賓(メインとなるゲストで、新郎新婦がそれぞれ最もお世話になっている方を1人ずつ選ぶのが通例)の方に、新郎新婦の両家両親・ゲストに挨拶をしていただくことです。。
挨拶の用意をする時間が必要なので、出来るだけ早い時期にお願いしておきましょう。特に初めての方はプレッシャーがかかるので、お願いする際に一言「気楽に」と声をかけてあげましょう。親族のみで行う披露宴の場合は、主賓のかわりに両親が挨拶する事もあります。

『メインのゲスト』なんておかしい? 主賓以外はサブ? そんなことありませんよね?。
そう思われるのなら、主賓は用意しなくても構いません。昔からの惰性で疑問も持たずに、形にはめていくのは危険です。あなた自身で意味を考え、判断しましょう。

挨拶をお願いするには?

司会や余興の依頼にも応用できますが、招待状を送る前に、電話等でお願いしましょう。了解していただけたら、招待状に「よろしくお願いします」と一言添えてお送りしましょう。なるべく早い段階でお願いするのがベストです。100%引き受けてもらえるとは限りません。お願いするどころか、披露宴に参加出来ないかもしれないからです。。
持ち時間は必ず伝えます。「○分以内に必ずまとめて欲しい」と制限時間を強く伝えないと、長くなってしまい披露宴の進行に影響が出てしまいます。短くなる分には特に問題ありません。主賓挨拶や乾杯挨拶、余興のスピーチなのかを伝えましょう。これを忘れると大変です。ゲストも恥を掻いてしまいます。。
具体的に話して欲しい内容を伝えてあげれば、頼まれるゲストもやりやすくなります。暴露話等をして台無しにしてしまう、失礼極まりない方もいますので、暴露話や恋愛の話等、絶対にやめて欲しい内容も伝えておきましょう。内容が被らないよう、他のゲストに依頼している内容が分かっていれば伝えてあげましょう。。
意外と忘れがちなのが、依頼をするゲストは親しい方にすること。あまり親しくない間柄ではない人(特に会社の上司とか)に頼むと、当たり障りの無い、味気のない決まり文句だらけになってしまい、場がしらけてしまいますので注意です。

ページのトップへ戻る