披露宴での席順

席順を決める

結婚披露宴の席順の決め方には、大きく2つのポイントがあります。。
主賓はメインテーブル(高砂)に1番近いテーブル(上座)にします(これは主賓というポストを作る場合です。なくても構いません)。両親や親族はメインテーブルから1番遠いテーブル(下座)にします。友人の席はその中間です。仕事関係の人を多く招く場合は上下関係を考慮しなくてはならないために席順に特に注意が必要です。

補足
  • なるべく知人同士を近い席にし、話がはずむように配慮する
  • 夫婦で招待する場合は並んで席をとる
  • 子供の席は保護者の隣に
  • 子連れの方や、妊娠中の方を招待する場合は、出入口に近い場所にする等の工夫をする。また、赤ちゃんがいる場合は会場との打ち合わせの際に、ベッドの用意があるかも聞いておく
  • 途中で退出する、または遅れての参加があらかじめ分かっている方の席も、出入口に近い場所にするなどの工夫をする

席次表の作り方

披露宴の席次表は、新郎新婦が(久しぶりに顔を合わせる)親族に、あるいは親族が別の親族に挨拶をしたいと思っても、誰が誰だか分からなくて困る等、ゲストが自分の席がどこか分かるためではなく、誰がどこに座っているのかが分かるために用意するものです。。
席次表にはゲストの名前と、「会場内のテーブルの位置」「ゲストの席にゲストの名前」さらに「ゲストの肩書き」「ゲストと新郎新婦との間柄」を書きます。。
※誤字脱字には注意して下さい。。
※通常、新郎新婦の家族には「様」はつけませんが、結婚して姓が変わった場合は「様」をつけます。。
※子供には「様」ではなく「くん・ちゃん」。肩書きはゲストなら「ご令息・ご令嬢」、親戚なら「お子様」になります。

席次表に新郎新婦のプロフィールを入れたり、披露宴に出るお食事のメニューを入れたりするケースもあります。そのほか

■各ゲストに対するコメント、またはメッセージ ■血液型  ■生年月日  ■あだ名  ■恋人いない歴  ■似顔絵■顔写真  ■身長、体重 ■好きな異性のタイプ など

ただ、プライベートすぎる情報はトラブルの元になることもあるので、ほどほどにして下さい。

ページのトップへ戻る