招待状を送る

招待する人数

結婚式・披露宴に招待する人を決めるのは、結構時間がかかる作業になると思います。。
友人のAさんを呼ぶのなら、Bさんも呼ばないとまずいだろうし、先輩のCさんやD上司を呼ばないと怒るかな~…とか、親の知り合いなどの調整も必要になってきます。。
まずは、全体で何人結婚式・披露宴に招待するのかを決め、そして親族やその他必ず招待する必要のある人を決めましょう。その後に、友人・知人やお世話になった人などを絞り込んでいくと、比較的スムーズに招待する人を決めることができるでしょう。それでも時間はかかりますので、余裕を持って早めに取りかかった方が吉です。

招待状の発送は式の2ヶ月前までに

招待状は出して終わりということではなく、相手の方から出欠の返信をもらう必要があるため、出来るだけ早めに出しておきましょう。。
遅くとも、結婚式の1ヶ月前までには出欠の状態を把握しておきたいので、招待状の発送は2ヶ月前までに済ませておいた方が無難です。相手からの返信が遅れた場合、調整が面倒になってきます。そうすると、相手の住所や氏名など、通常は筆で記入して準備する必要があるので、式の3ヶ月くらい前には、招待状を印刷してもらった方が良いことになります。

連名は本人? 親?

招待状は、招待する客層に応じて親の連名にするか、本人同士(新郎新婦)の連名にするかを決めると良いと思います。親の関係者を多く招待しているような場合は親の連名、本人同士の友人や仕事仲間などをメインに招待している場合は本人同士の連名で発送すると良いでしょう。。
最近では、結婚は本人同士のものという考えが主流になっていますので、本人同士の連名で出す方が多いようです。また、宛名は基本的に筆で書くのが一般的ですが、仲の良い友人などへはペンで書いても構わないでしょう。

招待状を受け取ったら?

立場が変わって、今度は自分が結婚式・披露宴にまぬかれて招待状を受け取った場合になります。。
返事は可能な限り早めに出しましょう。招待状には、返信用のハガキが同封されているので、出席か欠席かに印をつけて返信します。招待状には、何日までに返事を欲しいと記載があるのが通常なので、どんなに遅くとも先方の希望日までには到着するようにしておくのが礼儀です。。
料理の準備や席の並びなど、招待客の出欠によって準備も変わってくるため、遅くに返事をすると先方の迷惑となってしまうからです。仲のよい友人などは電話や直接あって出欠の確認をする場合もあると思いますが、招待状を受け取ったら早めに返信するに越したことはありません。。
また、返信する際はハガキに記載された先方の宛て名の「~行」を2本線で消して、「~様」に書き直しておきましょう。「御名前」、「ご住所」などの、「御(お・ご)」や、御芳名の「御芳」なども同じように2本線で消しておきます。そして、「結婚おめでとうございます」や「喜んで出席させていただきます」、「当日を楽しみにしています」など、お祝いの言葉を一筆記載しておくとよいでしょう。。
もし、欠席する場合は、お祝いの言葉とともに、欠席の簡単な理由を書いて返信しましょう。ただし、病気や事故、仏事、葬儀などでの欠席の場合は理由ははっきり書かず、「所用のため」などに留めておきます。

ページのトップへ戻る