会場選び

料金が一番安く上がるのは公共式場で、専門の結婚式場やホテルはやや割高になる傾向にあります。。
教会は結婚する男女のどちらかが、クリスチャンでなければ挙式できない場合もありますので、クリスチャンでなければ結婚式場やホテルにも、教会(チャペル)が併設されているところを利用するといいでしょう。。
それから、結婚式(挙式)をあげる場所と、披露宴の会場が別の場所の場合は、あまり移動距離が長くなってしまうと負担になるので、その当たりも考えながら会場を決めた方が無難です。

会場を選ぶ前に決めておく条件

  • 結婚式、披露宴の日取り
  • 結婚式、披露宴会場までの交通の便
  • 招待する人の数
  • 予算
  • 結婚式を挙げる希望日時、曜日

どういった結婚式にするのかが分かっていないと、予定が全く立たず、式場も探しようがないので、どんな条件で式を挙げるのかの草案を結婚式・披露宴会場を探す前にある程度決めておきましょう。

会場の下見・チェックポイント

結婚式場・披露宴会場にある程度目星がついたら、実際に式場(会場)を下見に行きましょう。流行、写真と実際の印象は結構違って見えるもので、写真だけで判断せずに、いくつかの式場を実際に見てみることをオススメします。。
建物の外見以外にも、例えば下記のような所もチェックしておきましょう。

  • スタッフの態度
  • 結婚式・披露宴でのサービス
  • 結婚式場の周囲の環境
  • 結婚式場の場所
  • 結婚式場の外見、内装
  • 駐車場の広さ
  • バスや電車などの交通の便
  • 衣装や引き出物などの持ち込み可否
  • 結婚式場、又はその周辺の宿泊施設
  • 食事、料理

等々、色々とチェックしていくところはありますが、特にスタッフの態度は大事だと思います。場所雰囲気や建物がどんなに良くても、スタッフの態度が悪いと気持ちの良い結婚式を挙げることは難しいです。。
また、遠方からの来られる方にとって交通の便の良し悪し、駐車場の広さや宿泊施設なども考慮しておきましょう。自分たちだけではなく、招待客の方が不便な思いをすることなく、楽しんでもらえるような式場(会場)を選びましょう。

ページのトップへ戻る